京都の舞妓と迷子の米子。

だいすけわたなべです。

台風大丈夫だった?
これから来るところや
いま来てるところの人は
気をつけてね。

金曜日、いつものように静岡で
ラジオの生放送をおえて
車でピックアップしてもらって
滋賀へ。
滋賀にははじめて泊まったな。
琵琶湖でかかった。

そして京都へ。
SOLE CAFEで
ニコルズ主催の
帰ってきた太陽のこどもたち。
4年前にこれまたニコルズの
企画でライヴをして以来
活動が止まっていた
アンコールアワーズを
引きずり出しました。

アンコールアワーズには
本当にお世話になったんです。
ニコルズがまだデビュー前に
関西方面にライヴに行くたびに
彼らがいっしょに住んでいる家に
泊めてもらっていました。
その家は枚方にありました。
他のバンドマンも東京から行くと
アンコ邸に泊まっていました。
やさしいふたりは
いつでも受け入れてくれて
ご飯やお酒でもてなしてくれました。
朝まで呑みながら語り合いました。
振り返ってみるとあの頃は
ボクにとって少し遅い「青春」でした。
朝にキッチンにあったビールの缶と
当時はタバコを吸っていたので
山のような吸い殻の数が
ボクらの絆の深さを表しているようでした。

しゅうちゃんは
いろんなものを教えてくれました。
変態的な歌詞を自分のかわいい奥さんに
歌わせている二人組がいるんだよ、と
ハンバートハンバートを教えてくれました。
フジファブリックの
「TEENAGER」というアルバムが
出たばかりで
最高だよ、と教えてくれました。
アームストロングという
お笑いのコンビの片方が
だいちゃんに似てるよ!と
動画を観せてくれたりもしました。
似てました。笑


コーヘイは特になにも
教えてくれなかったけど
山芋の千切りを作ってくれました。

「ニコルズは奇跡の4人だから絶対に4人で続けなきゃダメだよ」

としゅうちゃんは言いました。

当時は大袈裟だなぁとおもいつつも
うれしかったけど
今はなんとなくその意味が
わかるような気がします。

りっちゃんがぬけることを
決定した時からずっと しゅうちゃんの言葉が
心にひっかかっていました。
アンコールアワーズは
スマフェスにはたぶん来られないから
ふたりに
奇跡の4人の最後を見せなきゃと
ボクはおもったんです。
アンコールアワーズが教えてくれた
SOLE CAFEで
アンコのふたりの目の前で。

単純にアンコールアワーズの歌が
聴きたいというのもあったけど
実はそんな隠れた思惑もありました。

とにかく昼も夜も
アンコールアワーズのライヴは
素晴らしかったです。
ブランクはそりゃもちろん感じるけど
そういうのを超越したところで
彼らの音楽はボクの心に届きました。
うれしかったなぁ。

「暁」という歌が大好きで
聴いていたらいろんなことを
思い出しました。

それは紛れもなく
青春の風景でした。

ありがとうございました。

また引っ張り出すから
覚悟しておいてね。

新しい奇跡を見せにまたいくよ。



翌日は米子へ。

4年前に亡くなったボビーさんの
故郷、米子で念願のライヴ。
盟友 LUNKHEADといっしょに。

お墓参りもできないまま
4年も経ってしまいました。
すみません。

4人で米子でライヴができて
本当によかったです。
ボビーさんのご家族にも会えて
お墓参りもできて
本当によかったです。


おばたさんとボビーさんは
マブダチでした。
ボビーさんが死んじゃって
おばたさんは困りました。
社長なんてやりたくねぇよ、と。
でもやってくれています。
ボクらのマネージャーも
やってくれています。

今のようにボクらに関わるようになる前
おばたさんはいつもフラフラしてる
よくわからない人でした。
ボビーさんがいるところに
なんとなくいる人でした。



ボビーさんのお別れ会で
挨拶しているおばたさんを見た時に
なぜか涙が止まりませんでした。
感動的な挨拶だったわけではなく
むしろ淡々としていたんですが
とても心に残っているシーンです。

おばたさんが付いてくれて
ニコルズは変わりました。
少しずついい方に変わりました。

とても感謝しています。

そんなおばたさんの願いでもあったと
おもいます。

ニコルズとランクがこのタイミングで
米子でライヴをすることは。

だから余計に実現できて
うれしかったです。
また行きたいとおもいます。


事務所で「スペシャルなの描いて〜」と
無地のトートバッグをおばたさんから
渡されました。
おばたさん専用のトートバッグには
長渕剛ver.のニコうさ君を描きました。
ボビーさんも大好きだった長渕。
けっこう恥ずかしい仕上がりにもかかわらず
おばたさんは肩からかけて
京都にも米子にも行きました。

気に入ってるのかどうなのかは
わかりません。
「ボビーの仏壇に置いてこよか」と
言っていたのに結局それは
帰り道でもおばたさんの肩に
かかっていました。

サービスエリアとかでは
裏返して肩からかけていたので
たぶんちょっと恥ずかしいけど
ちょっと気に入ってもいるんだと
おもいます。

ボビーさんはいつも
「小さくまとまるな」と
言っていました。

「だいちゃんの武器は歌詞だ」
とも言ってくれました。

そのふたつの言葉を胸に
これからもがんばろうとおもいます。
ひさしぶりに歌った「41」は
緊張しましたが
ライヴを観てくれていた
ランクのヨシタローが打ち上げで
「3回泣いた」と言ってくれて
うれしかったです。
ランクのメンバーや事務所のスタッフと
みんなで打ち上げできて
たのしかったです。

みなさんいつもありがとう。

長くなりましたが
京都も米子も
行けてよかったです。

なんだかとても軽やかな気持ちで
スマフェスに臨める気がします。


少し風邪気味なので
あたたかいお茶を飲みながら
ブログを書きました。
汗かいてます。笑

なんかもう秋みたいな夜風が
ちょっとさみしいけど
来年も夏はやってくるし
まだきっと暑いだろうから
ギリギリまで夏モードでいようと
おもいます。

では9月4日にお会いしましょう。

待ってるよ。

|NAME:わたなべだいすけcomments(7)
会いに行くよ。
奇跡の4人とおばたさんに。
待っててね。
|NAME:mika@sapporo |
ツアー行けなかったのでボビーフェスに行けてよかったです。スマフェス楽しみにしてます(^o^)
|NAME:のこのこ |
おばたさん、「だいちゃんに言って描いてもらってん」て嬉しそうにトートを見せてくれました。「太陽がザツ」って言いながらニヤニヤしてました。(*^^*)
風邪早く治りますように。
待っててくださいね!みんなに会いたいです!
|NAME:ゆみちん |
とにかく明るい安村 の元相方の栗さんですね!笑
懐かしい名前を聞いて少しテンションが上がりました。笑
確かにだいちゃんに似ていますね!
|NAME:◎ |
タイトル、思わず「きょうとのまいことまいごのまいこ」って読んじゃった。引っかかった〜!(o^^o)
|NAME:ゆみちん |
わたしも4人での最後のライブ見に行きます。ボビーさんも来ますね、きっと。
足の甲にtevaサンダルの日焼け後がくっきり。夏ももう終わるのですね。
夏の思い出、最後におっきいの期待してます!
|NAME:はな |
りっちゃん卒業に向けて、ニコルズの思いもおばたさんの思い、願いも叶ってよかったです。
4人で思い残すことがないように、スマフェスが最高のステージになりますように。楽しみにしてます!!
追い込みにかかっている夏に負けないように、元気な自分でニコルズに会えるようにスマフェスまでの日々大切に過ごします!
|NAME:アシュリー |
COMMENT









NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH