ボクは恋をした。

だいすけわたなべです。

静岡のK-mixというラジオ局で
もう1年以上番組をやってます。
金曜日に3時間生放送。
昼の2時くらいから5時くらいまで。
「LIFE!LIFE!LIFE!」という番組です。
kainatsuというシンガーソングライター
とふたりでやってます。

今日のメールテーマは
「夏っていいなぁと感じる瞬間」
でした。

たくさんの夏っていいなぁメールが
きて気分は夏でした。
ひぐらしの声とか蚊取り線香とか。
いいよね、やっぱ夏って。
とおもいました。

エンディング間近に
ADのじゅんちゃんがスタジオに
メールの紙の束を入れてくれました。
(ある程度スタッフが厳選した中からさらに選んで読んでいます)
曲をかけている時に
そのメールに目を通していたら
短いメールに釘付けになりました。

素晴らしい曲を聴いたような
いい映画を観たような
一瞬でそんな気持ちになりました。

中学2年生の女の子からのメールです。
ラジオのパーソナリティになりたくて
学校の放送委員で(←おそらく)
火曜日を担当しているそうです。

こんなメールです。





夏っていいなぁ
ベタですが、夏は音がいいと思います。セミの声、波の音、聞こえないけど入道雲が成長する音。かき氷を削る音も、氷に水を入れて「ぱつっ」という音もいい。あ、風の音が聴こえる。夏っていいなぁ。



どうですか?
いま読んでも感動して
涙が出そうになります。
放送後にも何度も何度も読みました。
その度に清々しい気持ちになります。

入道雲のくだりも秀逸ですが
氷の「ぱつっ」という音という表現、
そして着目点。
素晴らしいです。
聞こえると聴こえるを
使い分けているところもすごい。

まるで
いっぺんの詩のようです。

自分の中には
もうなくなってしまった何かを
まざまざと見せつけられた気がして
さみしく切ない気持ちになりました。

そしてボクはこの詩に恋をしました。

ラジオやっててよかったと
心の底からおもいました。

今まで本当にたくさんのメールを
読んできたけど
こんなに感動したのは
はじめてのことでした。

メールを読んでいる時の
向かいに座ってるなっちゃんと
サブにいるディレクターの島さんの
反応もありさらに感動しました。
みんなが「うわぁ!いい!」と
感じていることがうれしかったです。
きっとラジオの向こうでも
たくさんの人が感動したとおもいます。

ラララネーム(番組専用ラジオネーム)
もくださいとのことだったので
火曜日のしらたま
というラララネームをつけました。

またメールくれたらいいな。
スタジオにも遊びに来たらいいのに。




小説の中の好きな一節のあるページに
折り目をつけるように
今日はブログを書きました。

いつでも読み返せるように。

ボクのLIFE
わたしのLIFE
ラジオの向こうの
あたなのLIFE

来週はどんなLIFEに
出会えるかな。

明日は大阪で
インストアライヴなので
西に向かう車の中から。

ではまた。





|NAME:わたなべだいすけcomments(10)
毎週ステンドグラスを作りながらラジオを聴いています。金曜日のラララの時間は一週間のリセットの時間。時に声をあげて笑い、時にニヤッとし、時に涙したり、時にだいちゃん、なっちゃんの言葉に激しく同意したり…今日の彼女の詩には何気ない言葉の並びなのに可愛らしさとなんだか切なさを感じ不思議な気持ちになりました。そういえば子どものころはいろんな音が聞こえていたな。大人になった今、いろんな音に耳を傾ける余裕がなくなっていることに気づかされました。今年の夏はいろんな音に耳を傾けてみよう。大好きだった地元のお祭りの掛け声が潮風に乗って聞こえてきそうなきがします。
|NAME:そらいろ |
昨日の感動を伝えたくてコメントを書こうと思いました。

だいちゃんが中二の女の子からのメッセージを読んでくれて、
胸の奥がぞわぞわして来て、そしてなんでだろう…とても懐かしい気持ちになりました。

昨日はあまり暑くはない1日でしたが、彼女の言葉からなぜか幼少期の真夏の情景がパァーッと浮かんできました。
暑い昼時に扇風機が回る部屋で、家族みんなでそうめんを食べながらテレビを観ている…
少し切なくてとても温かい気持ちになりました。

何気ない日常の中のちょっとした事に耳を傾けながら感じながら生きていこうよ、
そう思い出させてくれたとても素晴らしい詩でした。

火曜日のしらたまちゃんの言葉をまた聞きたいです。
そして、ありがとうと伝えたいです。



|NAME:白Tにカレーうどん |
女の子のメール。いつまでも余韻に浸ってしまうほどに衝撃的でした。
忘れがちな感覚に気づかされなんだか悔しさを感じてしまうほどでした。
一瞬で惹かれてしまいました。
私もできることならこの子に会ってみたいと思うほどです…☆

それと、このことをブログに書いてもらえて良かったです。
何度も読み返しました。

情報が発信されては流れてしまう事が多い今、ほんのささやかな文章でも一枚の写真でも良いのでブログで綴ってもらえたら嬉しいです。
だいすけさんのブログ、歌やラジオと同じくらい好きなんです。
長くなりました…今日も応援しています(^^)
|NAME:お茶っ子 |
恋をしただいちゃんを、そっとしておこうと思ったのですが、私も火曜日のしらたまちゃんにインスパイアされたのでありがとうを伝えたくなりました。今朝の散歩は、すれ違う人がいつもより優しく、なんだか鮮やかに見えました。ゆったりした気持ちで歩くっていいですね。こんな朝をありがとう!

だいちゃんがラジオをやっていることで、ラジオの向こうの私のLIFE、笑顔でつながってますよー!
|NAME:アシュリー |
ラジオではありませんが、私の、夏っていいなぁ、を書かせてください♫

私の夏は、
白かチェックのシャツばかり着る季節で
それにゆるいデニムを履いて
似合うのがないから帽子は被らず、たまに日傘なんてさしちゃったりして。
そんな格好をして電車に乗り、だいすきな人と海に行く。湘南の海。
決して泳がず、海を眺めておしゃべりして、帰りにカフェでお茶して、帰宅。
そんな季節。

この思い出があるから、今でも、夏っていいなぁ、って思えます(^^)
|NAME:テディオ |
放送を生で聞くことはできませんでしたが、
ブログをみて、おんなじ中2の女子なのにこんなすてきな言葉がかけるんだ!!と感動しました。うらやましいな。
なんともいえない夏の、青にちょっぴりオレンジが混ざったような感じが
浮かんで来て、なんだか涙が出ました。

私も中学校で昼の放送をしています。
でも、こんなにすてきな言葉がかけるのは、世の中に一握りなんだろうな。
火曜日のしらたまさん、会ってみたい。
|NAME:にゃんこ2缶 |
放送聞いてました。

“入道雲が成長する音” と言われて、空の高いところで次々にわきあがってくる雲が思い浮かび、聞いたことのないその音を想像しました。
“ぱつっ”と言われて、毎朝、仕事に持っていく水筒に入れる氷の音を思いだしました。
そこで時間が止まったように“ぶぉゎ〜っ”と“ぱつっ”の繰り返したっだので、メッセージの続きは聞こえてませんでしたが、ここで全文を読ませてもらうと、放送を聞いたあの時に はっ!? とした気持を思い出します。

メッセージにあったこと、すべて知ってます、見たことあります、聞いたことあります。
私は、その経験を言葉で表すことは思い浮かびませんでしたが、しらたまさんの素敵な表現とだいちゃんの声で、私の思い出を引き出してくれました。

“言葉”で、感動を与えてくれるラジオがますます好きになりました。放送には乗らなかったなっちゃんとスタッフさんの反応も目に浮かびます。
火曜日のしらたまさん、だいちゃん、なっちゃん スタッフさん、ラジオの素敵な思い出を作ってくれてありがとう。

火曜日のしらたまさん、私はあなたのメッセージを聞いてうれしくなりました。
将来 素敵なラジオパーソナリティーになって、あなたが想像した入道雲の成長する音がどんなだったのか、ラジオの前の私に聴かせてください、その時が来るのを楽しみにしています。

私には“金が痺れる”程度の漢字しか思い浮かびませんが、今回の感動が漢字で表現できたらいいなと考えてます、それだけの能力はないと思いますががんばります。


ここでも 長いコメント送っちゃって申し訳ない
短く表現する能力が無いようです、ほんと ごめんなさい。
でも 感謝を伝えたかったので書かせてもらいました。
ありがとうございました。
|NAME:にゃろっぷ |
いい。
僕が感動したのは、その女の子の表現云々じゃない。
みんなそういうことは本当は思ってるはずだと思うんだ。
でも、それをこうやって、素直に真っ直ぐに表現できる純粋さ、若い美しさに感動した。
|NAME:麺場 |
素直な心から出てきた言葉達は形を変えずに、そのままの形でこっちの心に染み込みますね!
素敵な詩、この詩が夏ですね!
読んでは夏が浮かんできて嬉しくなっちゃう♪
素敵な詩をありがとう!
|NAME:タカハタユリ |
ラジオ、聞いてました。
その瞬間 わたしにも、いろんな音と風景を
想い浮かべることができました。
ラジオの魔法
ララ金、火曜日のしらたまちゃん、
だいちゃんのおかげです。

こんなふうに表現できるなんて、
ほんとすごいなぁ…

慣れること。
それも大切なことだけど、
ついつい慣れて、鈍くなってしまってること。
ナニかに追われて、見過ごしてること。
そうゆうことに ちゃんと目や耳を向けられたら、また子供の頃に感じとれていたモノを
ほんのちょっと取り戻せるのかもしれませんね。
もうあの頃のように 自然に感じとれないのは寂しいけれど。(うまくコトバにできませんが…)
でもあきらめず、忘れないように暮らしていきたいです。

ラジオ、ブログ、
どっちも ありがとう。
|NAME:雪 |
COMMENT









NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH