リリースと誕生日
健太です。

『スマイル3』、リリース!!!

いつだって一番新しい作品が一番好き。
今回も胸を張ってそう言える作品ができました。

リリースはいつも言葉に言い表せないほど嬉しい。
気づけばたくさんの作品をリリースしてきたけど、
自分でも不思議なくらい、毎回フレッシュな気持ちで作品を送り出せる。
きっと、それだけいつもフレッシュな気持ちで音楽に向き合えているってことなんだよね。
そしてそれはニコルズの音楽を作り奏でることが本当に楽しいからでもあって、
その感覚はしっかり『スマイル3』の曲やサウンドに出たんじゃないかな。

もともと春にリリースするつもりで作った作品だけど、
出来上がってみれば本当に春にピッタリで、「スマイル」というタイトルにピッタリ。
そしてニコルズの音楽のテーマの一つである「普遍的な音楽」のど真ん中を貫いた。
こういう音楽で、今の音楽シーンに風穴をあけたいってずっと思っている。
ニコルズの音楽は破壊力のある音楽じゃないけど、
水のしずくでも同じところに落ち続ければ石にも穴をあけちゃうように、
そろそろ風穴があいてもいいんじゃないかな、なんてことも思う。
でも本当はそんなことどうでもよくて、
ずっとずっと続けいくためにも、一枚でも多く売れて、
一人でも多くの人の心に届いて...
っていうのをずっとずっと続けていければいいな、とも思う。


ワクワクするし、ウキウキする。
でもなんか安心する。
顔がほころぶ。
気持ちが軽くなる。
そんな『スマイル3』。
一人でも多くの人に届きますように!



そして昨日、4月5日、37歳になりました。
たくさんのお祝いの言葉をありがとう。

何より、今年も元気に誕生日を迎えることができたこと、
たくさんの人に感謝の気持ちを持てたこと。
それを嬉しく思います。

両親からバースデーカードが届いて、
母からはごく簡素なメッセージ、
父からは難解な詩の引用と「良い季節に生まれたんだね」という一言。
なんだか、僕はこの二人から生まれてきたんだなって、しみじみ思った。

37歳。
この歳でこんなにもワイワイ楽しくバンドをやれるなんて。
もうここまできたらおじいちゃんになってもこんな感じでやってる気がする。

何一つ欠けていても、今の自分はないと思うし、
なんだかんだ言って、今の自分が大好きです。
みんなみんな本当にありがとう。
|NAME:鈴木健太comments(0)
COMMENT









NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH