クリエイト
健太です。

昨日はインテックス大阪で行われた手作り・ハンドメイドの祭典「Creema Craft Party 2016」で演奏してきた。
昨年も演奏したけど、今年も楽しいイベントだった。

いろんな出展があった。
それを本職でやっている人、
本職にすることを志している人、
趣味に徹して楽しむ人。

ニコルズは手作りのバンドだ。
いろいろなことを、自分たちで手作りでやっている。
だからこのイベントには勝手に親近感を持っている。

ちなみに昨日のライブも自分たちの手作り。
音響機材は全部ニコルズの機材。
マイクからミキサー、スピーカーまで。
全部持ち込んで、自分たちで設営をして。
これがまた燃えてくる。
機材を揃えて、自分たちでどこでもライブができる。
それでかなり世界は広がった。

ちょっと話がずれたかな。

ものを作るってことは、ちょっと大げさに聴こえるかもしれないけど、
創造するってことだ。
それはきっと音楽と同じだ。

創造するよろこびには、他の何にも代えがたいものがある。

最近特にそう思えるようになった。
僕らにとっての創造とは、曲を作ること、作品を作ることだろう。
「創造」って言うのはやっぱり気がひける気がするけど、敢えてそう言おう。

どんどんそう思えるようになっているのは、納得のいく作品ができるようになってきたからなのかもしれない。
いいものができたときのよろこびは本当に何とも表現しがたい。
例えばそれが売れるとか売れないとか、みんなに聴かせたいとか、そういったことを超越したものなのだ。
胸の奥底から溢れ出てくるような。でもとてもじんわりしたもの。
曲を書いているわけではない僕でさえそうなのだ。だいちゃんのよろこびはどれほどなんだろう。
でもニコルズの場合は四人でそれを最大限に共有できている気もする。

たくさんの人が僕らの音楽を聴いてくれたり、ライブで盛り上がったり。
そのよろこびはもちろん強烈だ。
でもそれとは別次元のよろこびがそこにはある。
今や自分を支えているとても大きなものの一つだ。
こだわりが大きければ大きいほどそのよろこびも大きくなるのかもしれない。
僕が、許される限りこだわりを詰め込みたくなる理由はそこにあるのかもしれない。
そしてもっとニコルズが売れたらさらにこだわって作品を作れるようになるはずだと思っていて、
だからこそもっと売れたいと思うのも確かな理由の一つでもある。

『スマイル3』ができたときのよろこびも、言葉で言い表せないほどのものだった。
ただ、そのよろこびが大きければ大きいほど、次はこれを超えられるのかとも思う。
そしてそれが次への原動力となって自分をストイックに駆り立てる。日々精進しようと思う。
だからいい作品ができたあとは、まさに今がそれにあたるわけだけど、たくさん音楽を聴いたり楽器を練習したりと自分を高めていくことに、より没頭してもがくのだ。
天才でもなんでもない、凡人の真面目人間はそうやるしかない。
でもそうやれば確かに進んでいけるのだから、よろこんで楽しんでそれをやるよ。

さあ今日もレッツゴー!
|NAME:鈴木健太comments(0)
COMMENT









NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH