夢だけと夢じゃなかった
__.jpg
昨日の札幌ライブのセットリストはこちら!

アンコールでは、北海道で大量オンエア中の
『野口観光(オンセンバカンス)』のCMテーマソングになっている『季節の光』を、
ワンコーラスだけDW弾き語りで披露しました♪

いかがだったでしょうか??

そして昨日のライブで発表になりました札幌での初ワンマンライブは、
12月4日(日)@札幌コロニーにて開催です☆

少し先ですが、今から手帳に書き込んでみましょう〜♪

よろしくお願いします!
|NAME:LIVEcomments(1)
名古屋ワンマン☆
Twitterにてお問い合わせがあったので、
こちらに載せます!

4/23名古屋ワンマンのセットリストです!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

バンドマンのうた
チャールストンのグッドライフ
世界王者
大船
一秒でもはやく
ライター
レム
HAVE A NICE DAY!
愛に。
2つの言葉
haleiwa
春うらら
グリンピースヌーピー
春風
川を流れゆく小さな泡のように(新曲)
マイライフストーリー
あの街この街
Ah!Ah!Ah!
beautiful sunset


En.グッデイ




|NAME:LIVEcomments(3)
『太陽のこども、立つ。』
Que’s birthday presents “Sweet Little Sixteen”
D.W.ニコルズWAY25〜ROUTE9 (おまけつき、対バンなし)〜
『太陽のこども、立つ。』 
9/25@下北沢CLUBQue

満員御礼、あっという間の2時間弱。
みなさま、ありがとうございました。
地方からいらしてくださった方も沢山いたようで嬉しかったです。




【SETLIST】
世界王者
MAGIC
波待ちサーファー
せがれ
太陽
ライター

〜リクエストコーナー〜
第5位:太陽のこども
第4位:愛に。
第3位:SMOKE
第2位:熱帯夜
第1位:春風

B.D.K.
ラヴリー
マイライフストーリー

アンコール:
カフェオレさん
グッデイ

な曲達でお届けしました。
いかがだったでしょうか?

「マイライフストーリー」の前に色々な気持ちがやってきましたね。
MCでも素直に話していましたが
この1年間のあっという間だったな、でも、色々あったなな日々。
その中の弱さも強さも、両方引き連れて
この先の、これからに向け
「マイライフストーリー」が
キチンと気を引き締めさせてくれた気がします。
この曲の、これから感というか未来感は
いつまでたっても続くのでしょうね。

最近こんなモードだった私たちは
セルフライナーノーツと絡め
インディーズ時代含めた色々な曲を披露していたのは
何が来るかわからないから、全部予習復習しちゃえ!!と
この日のアンケートに基づく
リクエスト(ランキング)コーナーの為だったりも
したのですが、
ちょっと、ちょっと、、、改めて見たら
皆さん最近の曲がお好きな様で…。笑。
でも、こう来たか!!!という曲達だらけで結果を見て新鮮でした。

そして、恒例の自画像はこちら↓
(なんで自画像?とは聞かないで!)



去年の彼ら&自画像さん→

そしてそして、いつもありがとう!な
CLUBQue16周年おめでとうございます!

photo by藪下 雷太
|NAME:LIVEcomments(3)
虹♪
新潟2DAYS終了しました。

1日目は
入った瞬間、お店の雰囲気にやられる。バタッ。


この日はアコースティック編成でのライブ。
よって、楽屋にはフォークデュオ現る。


vovoちゃん、ありがとう。




【SETLIST】
マイライフストーリー
B.D.K.
スミレの唄
太陽
愛に。
haleiwa
春風
en:カレーのルウ


2日目はREDPIGS
初めましての若さ溢れる方々と
そして、のあのわとご一緒。
転換BGMや、各バンドの紹介等
企画の方とライブハウスの相思相愛感を
とても感じるイベントでした。

【SETLIST】
ファミレス
SMOKE
ライター
グリンピースヌーピー
B.D.K.

春風
en:ラヴリー


さて、問題です。
ニコオは何をしているでしょうか???



では、今回のPICKUPは
「虹」

From D.W.
物語の歌は
いくつかある。
その中のひとつ。
ボクは物語の中に
伝えたいことを
そっと忍ばせる。
さがしてごらん。
好きな人には
好きって言うんだよ。

From まなん
こどもから大人まで楽しめる曲です。
大人は楽しいぞってこどもに教えてあげれるような歌詞で、
とてもニコルズらしさがあふれてると思います。
一番のサビの「空は空色」はまなん、
「虹は虹色」はりっちゃんがハモってるのには気付いた人どれぐらいいるのだろうか!!
わかりやすい女声男声のコーラスを取り入れています。
好きな人には隠し事はしちゃいけないんだよー。

From 健太
ちょっとおちゃらけているようで可愛らしい感じだけど
実は深い内容をうたっていて
本当にこどもたちに聴かせたい曲。
演奏では、リズム遊びが楽しい。
歌詞にはっきりとしたリズムがあるから
リズムアレンジで色々遊べた。
あと、後半の転調から戻るところも好き。

From 梨沙
不思議と、演奏しているうちにどんどん自分自身が引き込まれる曲。
シャッフルの曲は他にもいろいろあるけれど、
なかなか細かい所にこだわっています。
歌詞がね、面白いよね。絵本を読んでるみたい。
何も言わなくても、最後の
「やったー!」
でみんながガッツポーズしてくれる日を待っています。


「虹」は『春うらら』に収録されてます♪


また、過去のセルフライナーノーツはこちらから。

さてさて、今週末もライブありますよ。
今度は、大阪・名古屋。
ニコルズメール(ticket@dwnicols.com)でも予約受付中です♪
お待ちしてます!

|NAME:LIVEcomments(4)
バラとバラード♪
昨日は、LOVE LOVE LOVE 企画 『バカンスdeござんす '10』でした。
楽しませていただきやんした。
夏っぽさいただきやんした。
な、1日でした。
仲良しバンドがそんなに多くないニコルズですがLOVEさんとは、
多分ホントに仲良しなようで…
その、好きっぷりがLIVEにもキチンとあらわれてて
ラヴラヴラヴラヴ言ってましたね。笑。


昨日のセットリストはこちら♪


バカンスdeござんす♪バカンスdeござんす♪バカンス音頭でござんす♪

な、一枚。
企画者のLOVE LOVE LOVEが凄く楽しんでいて
バカンス音頭の様な、サプライズもありつつ、会場の雰囲気含め
9/25の自主企画に向け、とても刺激を受けた夜でした。

では、今回はそんなラヴラヴ言っちゃう「バラとバラード」をピックアップ。

FromD.W.
すごい前に書いた曲。
歌詞は詩になれなかった
言葉たち。だけど
これはとても
詩的な歌詞だな。
やるじゃん、自分。
「雨が降りだして
またキミを
思い出した
会いたいなぁ
きっと泣きたくて
わざと思い出したんだ」
は、録音にあたり
追加した歌詞。

Fromまなん
「バラとバラード」はだいちゃんの弾き語り時代からある曲で、
まだニコルズが結成されたばっかの時にこの曲のデモを聴いて、
すっごく気に入ってすぐバンドでアレンジした覚えがあります。
しかもまだだいちゃんがエレキだった時で、
スーパーカーばりに私もコーラス入れまくってたなぁ。笑
今のメンバーになってリアレンジして、
コーラスもすごく凝った感じになってて、抜群に生まれ変わったのです!!
最近ライブではたまにしかやらないので、
たまにやるとお客さんが喜んでくれてそうゆう反応がすごく嬉しいのです。

From健太
言葉遊びが、歌詞に深みを持たせてる曲。
無表情で始まるけど、色んな感情が重なってきて、
最後は感情の洪水状態に。でもどこかクール。
音源では、ギターをたくさん重ねることに初挑戦した。
コーラスアレンジも色々考えて、
当時の僕らなりのチャレンジが詰まった曲でもある。

From梨沙
久しぶりにライブで演奏するのに、
久しぶりにCDを聴いたら、音が可愛くてなんかほっこりしました。
8ビートというものをちゃんと意識して叩いた初めての曲かもしれません。
8ビートは奥が深い。
せつないんだけれど、悲しくはなくて、不思議で素敵な曲です。
最後の盛り上がりも、
クールに燃え上がっている感じでかっこ良くて好き。

「バラとバラード」は
1stミニアルバム『愛に。』に収録されてます。


また、過去のセルフライナーノーツは こちら から。
|NAME:LIVEcomments(2)
MAGIC♪
TREASURE05X with ZIP-FM@ダイアモンドホール
に、ご来場くださったみなさまありがとうございました!
出演者7組と長丁場でしたが、お客さんの勢いさめず終始楽しい夜でした。



【SETLIST】
MAGIC
チャールストンのグッドライフ
B.D.K.
熱帯夜
春風



では、久々な気もしますが今回の1曲ピックアップは「MAGIC」です。

FromD.W.
バスケが好きです。
マジックジョンソンに
あこがれて
ノールックパスして
先生によく怒られた。
スラムダンクのことを
スラダンと言うのは
ボクより若い世代。
海賊になっても
女子供はほっときな。
桑田もパイレーツ。(元)

Fromまなん
この曲はライブでも昔から定番中の定番のノリノリなナンバーです!!
バスケ部だっただいちゃんと照らし合わせて聴くと面白いです、
背が伸びなくてNBAに入れなかったあたりがリアルですね。
この曲はテンポも早いのでサビの疾走感をいかに出すかって感じで気合い入れて弾いています。
ギターソロのフレーズは完璧に歌えるぐらい好きです。
ライブでのみんなの要所要所での息の合わせ具合が注目すべきポイントです!

From健太

ライブの定番曲。
最近あまりやらなくなってたけど、やっぱり楽しい。
自分達のテンションも一気に上げられる曲。
ギターの見せ所も多い。
フィンガーピッキングのニュアンスが大事な、
カントリースタイルでのアプローチ。
レスポールJr.でやるのもパンチが効いてていいけど、
やっぱりテレキャスターでパキパキ言わせた方が気持ちいいなあ。

From梨沙
曲が出来上がってから、
ライブでやる度にこんなに進化した曲もめずらしい。
バンド感を確かめられる、
自分たちでも演奏していてテンションの上がる曲。
ライブで聴いたらきっととっても楽しいよ!

「MAGIC」は『春うらら』に収録されてます♪


また、過去のセルフライナーノーツはこちらから。


ニコルズライブ後、ふと4人を見まわしたところ…

みんなしてピンク…。呆。 
物販にでてみてびっくり…。
壁までピンク、、、、な1日でした。


最近、名古屋に行くたびに
みなさんのパワーが増してる気がしてるのですが…嬉。
それは、気のせいじゃないはず。
次回名古屋ライブもとても楽しみなのでした♪
9/18(土)The Electric POP WORLD@ell.FITSALL
OPEN / START 17:30 / 18:00
TICKET:¥2,500(前売)/¥3,000(当日)
w:サクラメリーメン/JACKSON VIBE/オズニッキ/AV169
お待ちしてます。
|NAME:LIVEcomments(3)
雨過天晴♪
まなんも書いていましたが昨日は、
実は古くからの知り合いだったり、デビュー時期も近かったりと
何かと縁もあり
やっと一緒できたね、な吉田山田とのライブでした。

アンコールでは吉田山田と共に春風も演奏。


昨日のセットリストは↓

でした。
そして、6月7月のライブ強化期間も昨日でひと段落。
その間
こうやって、1曲ピックアップしてご紹介したいなと思ったのは
デビュー1周年に向けこんなモードだったりするから
だったりしたからなのですが
ライブで実際みなさん聴いてみていかがでしたか?
そういった曲達が今後どうプラスされていくかお楽しみに♪

では、今回は『雨過天晴』をピックアップ。

From D.W.
テレビを観ていたら
「雨過天晴」って
ことばの説明をしてて
(たしか中国のことば)
その内容は忘れたけど
とっても気に入って
うたにした。
忘れたくないきもちは
うたにするのだ。
うたうたびに
思い出せるから。

From まなん
この曲はもうだいぶ古い曲ですが、
これぞニコルズ!!って感じのわかりやす〜い名曲です♪
ライブでは、いろんな箇所においてメンバーとの息を合わせるとこがたくさんあって、
それがバシッと合ったときほんとに気持ちが良いのです!
あとこの曲ではサビでのほほんツーステップ踏めるのが個人的に楽しいです。笑

From 健太
僕がニコルズに入って最初にだいちゃんが書いてきた数曲のうちの一曲。
聴いた瞬間、こういう曲やりたかった!って思ったし、ブルースは僕の十八番だけに、僕のための曲!とさえ思った。
ルーツに根ざしながらもあくまでもポップソング。そして歌詞はまさにだいちゃん節。
ライブがまた楽しい、これもニコルズの根っこのような曲。

From 梨沙
私がニコルズに加入して初めてのライブの時から演奏している曲。
とにかく気持ちが良い曲。
でも実はすごくデリケート。
力強かったり優しかったり。
広い空間がニコルズは似合うんだろうと自信を持てた最初の曲でもあります。
久しぶりに演奏して、やっぱり良かったなぁ。

『雨過天晴』は
1stミニアルバム『愛に。』に収録されてます。


また、過去のセルフライナーノーツは こちら から。

|NAME:LIVEcomments(3)
ホームワーク♪
昨日は、毎年恒例夏の陣。
VSウラニーノ。
ニコルズの移動車の中では最近かなりのヘビロテで
ウラニーノを聴いているのでとても楽しみにしていた1夜だったのでした。


ニコルズのライブは
これからもっともっと楽しくなっちゃうよ。しちゃうよ!!
と実感出来た夜でした。
そして、そんな雰囲気を早速感じてくれていた
お客さんのうずうず感が嬉しかったです。

そうそう、そして健太次なるステップへ!な夜でもありました。

健太がどんな変化を見せて来ているかは、
徐々にみなさんへもお伝え出来ればと思うのですが
まずは、来てのお楽しみ。
さてさて、そんな健太に他の3人は今後、どう応えるか???

では、昨日のセットリストです↓

1時間もあると、11曲もやれちゃうのですね。
では、本日は「ホームワーク」をピックアップ♪

From D.W.
マイライフストーリー
ができた時期に
できた数曲の中の一曲。
デモに入った状態では
ワンコーラスしかなく
あまりにスタッフの
みなさまの反応が
よいので
フルコーラス作った。
「太陽と月のあいだ」
はこの星のこと。
ホームワークは
今も増え続けている。

From まなん
デデデデッ♪デデッ♪デデデデー♪
ってゆうなんか不思議なリフから始まるカッコイイ曲!!
この曲も、サビの歌詞とか深いんです。
CDでは、2番のBメロからバンッて全体の音色も変わってハッとするあたりが聞きどころ!
アコギとエレキのリフの絡みも良いのです。
全体的にスッカスカな感じが個人的に好きです!

From 健太
静と動。
やってることも、構成もシンプル。
こういう曲はついつい色々やりたくなっちゃうけど、敢えてそれをやらずに、無機質に音を重ねることで曲のメッセージを生かしている。
この曲のアコースティックギターの使い方は
ニコルズならではかな、とも思う。

From 梨沙
タイト。これこそタイト。
シンプルなリズムでどれだけ気持ち良く叩けるか。
春風の音源では、前半と後半でドラムの音色を変えたりしています。
後奏の一気に広がるところで、それまで単色だった景色がパーっと色鮮やかになる感じがして好き。

『ホームワーク』はミニアルバム「春うらら」に収録されてます。


最後にウラニーノとCLUBQue店長二位さんと。
|NAME:LIVEcomments(1)
キポン♪
昨日は逗子OTODAMASEASTUDIOにて『響鳴2010』 でした。

海で聴くhaleiwa♪良かった〜。
自然と演奏に加わってくる波音との相性もばっちりでしたね。

では、昨日のセットリストはこちら↓
キポン/SMOKE/太陽/haleiwa/春風

(雨に打たれ、よれよれセットリスト写真ですみません…)

そして、今回のピックアップは『キポン』です。

From D.W.
keep on
でキポン。
タイトルとサビから
できた。
続けることの
大変さ。大切さ。
とにかく人生の波に
乗りつづけよう。
ということ。
基本でもキボンヌでも
ないから。
キポンだから。

From まなん
「キポン」はライブでもおなじみのノリノリな曲です!!
まずタイトルが良い!
サビで「キポンキポン♪」って
お客さんも一緒に歌ってくれるのがすごく嬉しいです。
だいちゃんの「言葉」を大事にしようって気持ちもすごくこもってるし
とても深い曲だなぁと思います。
個人的にイントロのドラムのフィルインがかっこよくて大好き♪

From健太
リズム、グルーヴ命。
うたと演奏の呼応するようなリズムが楽しい。
ライブでは当然ながら、粗くてもちゃんとノれてれば◎
丁寧でもノれてなければ×。
そういう曲だけに、ライブ会場を一気に一つにし得るパワーも持ってる曲。夏にもぴったり。

From梨沙
海でライブなんて、そりゃキポンでしょう!
だいちゃんが書いて来て、とってもすんなりバンドアレンジが出来た印象があります。
ラップみたいに言葉がリズミカルに詰め込まれてるところが好き。
良い事言ってます。
アコギのカッティングと跳ねたビートが気持ち良い。
シングルのカップリングってところがにくいよね。

『キポン』はsingle「マイライフストーリー」に収録されてます。


また、過去のセルフライナーノーツはこちらから。


海なし県、栃木出身の健太は…
案の定

はしゃぎました。
えぇ、

はしゃぎました。

ではでは、明日はClubQueにて
夏の陣 RETURN TO NATURAL "VS series"
です。
ウラニーノとのがっつり2マン対決。
演奏時間もた〜っぷりあるのでお楽しみに。
|NAME:LIVEcomments(3)
スミレの唄♪
昨日は、突然の雨にも関わらずご来場いただきありがとうございました♪

初めて見てくださる方が多めな空間だった様にも感じたのですが
最終的には、みなさん素敵な笑顔で春風合唱団に参加してくれて
そして、みなさんお上手でした♪
また、一緒に歌いに来てくださいね。

では、昨日のセットリストです。
[赤イ彗星 VIII@LIQUIDROOM]
スミレの唄
サマーレイン
熱帯夜
波待ちサーファー
春風




では、昨日のセットリストから1曲ピックアップしてご紹介。
本日は『スミレの唄』について↓↓↓

From D.W.
弾き語りの時から
人気があった曲。
リフからできた。
大人なようで子供な
恋の唄。
スミレは女の子の名前。

From まなん
この曲のベースのリフは、
元々だいちゃんのアコギのリフをユニゾンしたところから始まりました。
あまり他の曲にはないタイプのベースです。
ライブでは、ベースから始まるこれまた珍しい曲なのです。
ほんっとにせつない、お別れの曲なんだけど、
なんか不思議と最後は明るい未来に向かっていく感じがします。
2番のサビからけんちゃんがハモり、りっちゃんのコーラスが重なってくるとこが、
演奏しててもグッとくるポイント!

From健太
ベースのリフから始まり、アコースティックギターとエレキギターが絡んで、一見淡々と進んでいく。
切ない曲だなー。
サビでは僕が上でハモってる。けっこう高くて最初はかなりキツかったんだけど、いつの間にかだいぶ余裕になった。ギター弾きながらハモってると不思議と無になってくる。独特のグルーヴがこの曲にはある。
因みに音源では、シンプルに聴こえるけど実はたくさんギターを重ねてます。

From梨沙
何回やっても、何回聞いても、ふと歌詞に耳を傾けるとせつない気持ちになります。
ドラムは削ぎ落として削ぎ落として、必要最低限の事しかしてない。だからこそ、スミレの唄が気持ちよく叩けた時は今日は調子が良いんだなぁ、と思ったりします。みんなの呼吸が合わさった時の多幸感が大好き。


スミレの唄は『春うらら』に収録されてます♪
|NAME:LIVEcomments(2)
| 1 / 2PAGES | >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH